車体防錆

車体防錆

66_14 下回りに発生したサビ・腐食の事例
66_15 サビ・腐食の事例
(インナーフェンダー)
66_16 サビ・腐食の事例
(サイドシルパネル)



愛車を大切に永くお乗りになりたいユーザー様にとって、気になる事の一つに車体等の錆(サビ)や腐食があると思います。
車体のほとんどが鉄でできている以上、サビの問題は付きまといます。特に車体下回り(車体の床裏面、アンダーフロア)はサビの発生しやすい箇所の一つです。車体下回りは普段あまり目にすることが無いため、気づかないうちにサビが発生します。さらにサビから腐食に進行してしまってから、しっかりと修理をしようとすると高額な修理代がかかってしまうことがほとんどです。
車体下回り防錆はこの不安を軽減させ愛車をサビから守るために施工するものです。
融雪剤(塩カル等)が散布されている道路や海岸沿いを走行されることが多い方、旧車を大切にお乗りになる方や愛車を大切に永く乗り続けたい方にお勧め致します。
また、車検等で行われる防錆塗装(シャシブラックやパスターとも呼ばれます)は足回り(サスペンション等)にのみ塗装するものが多く車体下回り防錆とは異なります。
足回り防錆塗装(シャシブラック、パスター)と車体下回り防錆塗装の塗料も基本的には性質の違う塗料を用いているため耐久性も違います。
特に「愛車を大切に永く乗り続けたい方」に当社が長年レストアやサビ修理で培ったノウハウを「防錆」に活かした、こだわりの下回り防錆「アンダーバリア®」をお勧め致します。
詳しくは下記の記事をご覧いただければ幸いです。


サビ修理の方法にもピンからキリまでありますが、例えば上記の写真のようなフェンダーアーチ(タイヤハウス)のサビの場合。応急処置のような修理ではなく、しっかりと鉄板を貼り替えて修理をすると、おおよそ5万円かかります。もし、こんなサビが2ヶ所、3ヶ所とあったらどうでしょうか・・・そう考えると防錆は決して高いものではありません。病気になってから治療をするより病気にならないよう予防する事と同様に私たちは防錆をお勧めしています。

雪道を走るすべての車に!車体下回り防錆塗装・スタンダードタイプ

雪道を走る全てのお車に「車体下回り(アンダーフロア)防錆塗装」をオススメします。

1、 下回り洗浄(※1)

下回りに付着した汚れ(オイルや砂、塩カル等)を高圧温水洗浄機でキレイに洗い流します。

1.下回り洗浄
1.下回り洗浄


2、 防錆塗装

車の下回りの状態に合わせて3種類の防錆塗料を当社の経験から判断し使い分けて塗装します。

2.防錆塗装


3、 点検完成

塗り残しなどがないかしっかりチェックします。


3.点検


(※1)下回り洗浄は必要ない場合もあります。
スタンダードコースは新車ディーラーさん、整備工場さんで行われる一般的な方法とほぼ同様です。
使用防錆塗料:ノックスドール、ウルトUBSなど

アンダーバリア®はこんな方にオススメ!

●旧車を大切にされている方

●車を長く大切に愛用されたい方

●融雪剤が多く散布される地域にお住まいの方 もしくは 融雪剤が散布された道路(特に高速道路)を走行される機会の多い方

愛車を大切に永くお乗りになりたいオーナー様には「アンダーバリア®」をお勧め致します。
アンダーバリア®は当社が長年、レストア(車体の復元)やサビ修理の仕事をさせていただく中で、単に復元、修理するだけでなく将来に亘りできる限り錆びさせたくないという思いで修理をする「防錆修理(当社の造語)」という仕事の工程から防錆部分を取り出したオリジナルの商品です。
一般的な防錆塗装のみを施工するものとは別物です。 
また、車検等で行われる防錆塗装(シャシブラックやパスターとも呼ばれます)は足回り(サスペンション等)にのみ塗装するものが多く車体下回り防錆とは異なります。
当社では「錆」と「腐食」また、「足回り」と「下回り」と定義を使い分けています。
足回り防錆用塗料(水性:薄塗り)と車体下回り防錆用塗料(油性:厚塗り)は全く特性(密着性、耐久性など)の違う塗料を用いています。


施工をご依頼いただく際は工場にてお車をリフトアップし、お客様と一緒に下回りの状態を確認しながら施工内容・方法・範囲などをご説明いたしております。また、お客様のご要望やご使用環境などをお伺いいたしまして、施工内容とお見積りをご提案させていただいております。


一般的な車体下回り塗装とは全く違います!

1、 部品取り外し

できる限りキレイにしっかり洗浄し、後の塗装工程で防錆塗料が入り込むようにするためにマフラー、ライナー、遮熱板などを外します。
※車種や部品の状態、構造の違いによって異なります。

1.部品取り外し
1.部品取り外し


2、 下回り洗浄(※1)

下回りに付着した汚れ(オイルや砂、塩カル等)を高圧温水洗浄機でキレイに洗い流します。洗浄前に分解することでより細かな部分まで洗浄いたします。高圧温水洗浄機が当たりにくいところは手洗いにて洗浄しています。


※画像はリヤ・バンパーの脱着とバックパネル防錆施工オプション車です。

2.下回り洗浄
2.下回り洗浄


3、 エアブロー・乾燥(※1)

高圧のエアで水分を飛ばしながら乾燥させます。しっかりと乾燥させなければ水分を閉じ込めてしまい錆びを誘発させる原因になってしまうのでしっかりと乾燥させます。

3.エアブロー・乾燥


4、 ケレン(※2)

劣化した旧塗膜やサビの除去のことです。この作業をせずに転換剤や高価な防錆塗料を塗布しても耐久性は期待できません。とても手間はかかりますが重要な作業なのです。


機械の入らない細かな部分は手作業でケレンしています。

4.ケレン
4.ケレン


5、 錆処理(※2)

錆びの程度に応じて処理を行います。
軽度:赤く錆びた所には転換剤を塗布して赤錆を安定した黒錆へと変換させ、腐食への進行を抑制します。
中度:錆びおよび腐食に進行してしまった錆びの場合、防錆剤[ラストボンド(浸透性エポキシシーラー)]をケレンした部分に塗付します。エポキシ樹脂で覆い錆びの外的要因(水分(塩カル)、空気(酸素))から遮断する処理になります。
重度:この場合は錆修理をお勧めいたします。

5.錆処理


6、 シーリング

鉄板の接合部分の隙間は特に錆やすいので、その隙間をシールリング剤で埋めて行きます。この時、注意することは水抜き、エア抜きの隙間を間違えて埋めないようにします。この工程が非常に重要な作業になります。

6.シーリング


7、 マスキング&脱脂

ミッションや配管などの容易に外せない部品には汚さないように紙やテープなどでマスキング(養生)し、防錆塗料の密着を良くするために脱脂なども行ないます。

7.マスキング脱脂
7.マスキング脱脂


8、 防錆塗装

車の下回りの状態に合わせて3種類の防錆塗料を当社の経験から判断し使い分けて塗装します。

8.防錆塗装


9、防錆ワックス

フレームやメンバーなどの中空部分の内部は防錆塗料が入り込みにくい箇所はサービスホールなどからチューブ式のスプレーでワックス(グリス状の油分)を吹付けます。高い浸透性があり僅かな隙間にも深く浸透し鉄板の合わせ目や折り返し部分を錆びの要因から守ります。

9.防錆ワックス


10、塗装の点検

塗り残しなどがないかしっかりチェックします。

10.塗装の点検


11、部品取り付け

取り外した部品を取り付けます。

11.部品取り付け


12、 ジャッキアップポイントの塗装と最終点検

リフトを掛けていた部分の塗装とホイールナット増締め、点検を行います。


13、 アンダーバリア®完了

(※1)下回り洗浄は必要ない場合もあります。
(※2)車の状態により必要になります。

13.アンダーバリア 完了


下回り防錆塗装(スタンダード/MUUオリジナルアンダーバリア®)料金表

価格には消費税を含んでいます。

※スタンダードコースでもオプションとして部品の取り外しや部分シーリング作業、防錆ワックスの注入なども追加することもできますのでご相談ください。例:防錆ワックス注入 4,860円〜
※ラダーフレーム車は割増料金となります。プラス 18,900円〜
※クラス分けは目安です。同クラスでも下回りの構造などによって料金は異なります。
※下回りの状態を教えていただければ料金の目安のみ回答させて頂きます。料金は車の状態により異なるため、現車を拝見した上でお見積りさせて頂きますので先ずはお気軽にご連絡ください。

お問い合わせフォームはこちら

ご注意!防錆塗装をしたつもりでも…

お客様に車体フロア裏側の防錆塗装を提案させていただく時に、「下回りの防錆塗装なら車検の時にやってるから大丈夫。」と、言われることがあります。
確かに車検時に下回りのサビ止め塗装(シャシブラックとかパスタとも呼ばれています。)をされている方がいらっしゃいますが、ユーザーさんが誤解されていることが少なくありません。というより整備工場側の説明不足(塗装範囲)もと言えます。

車検時のサビ止め塗装は、ほとんどの場合が右の写真の黒い部分のみの塗装です。(サスペンションやアクスルケース、プロペラシャフトなど)
一言で下回り防錆塗装と言っても範囲が広いのです。車検時に行なうサビ止め塗装とアンダーフロアの防錆塗装の塗料では特性も違いますし、塗装の範囲も方法も違います。
そのためMUUでは下回り防錆塗装に定義を定めています。一般的に車検時にされることが多いサスペンションやアクスルケース、プロペラシャフトに施工するものを「足回り(あしまわり)防錆塗装」と呼びます。
また、車体のアンダーフロア(床裏)に施工するものを「下回り(したまわり)防錆塗装」と呼んでいます。詳しくは下記をお読み下さい。

MUUの足回り(あしまわり)防錆塗装と下回り(したまわり)防錆塗装の定義

(1)足回り(あしまわり)防錆塗装

範囲:サスペンションやアクスルケース、プロペラシャフトなど(写真参照)(※ア)
塗料:ほとんどの場合、水性を使います。動きのある部分や熱を持つ部分に適し、薄付きで重ね塗りに適するのが特徴です。
防錆持続効果の目安:1年~3年 (※エ)

(2)スタンダードタイプ 【車体下回り(アンダーフロア)防錆塗装】

内容:車体の床下を防錆塗装のみ施工する一般的なタイプです。 
ノックスドール、ウルトUBSなど商品名で呼ぶこともあります。
範囲:車体のフロア裏側
塗料:塗料メーカーにより違いますが水性も油性もあり、厚目の塗膜(コート)ができます。
防錆持続効果の目安:新車施工の場合3年~5年(※エ)

※スタンダードコースは新車ディーラーさん、整備工場さんで行われる一般的な方法とほぼ同様です。

(3)アンダーバリア® 【MUUのオリジナル下回り防錆】

内容:できる限り隅々まで防錆施工するため部品の取り外し(当社で取外しが必要と判断したもの(※ウ))を行いその後、下回りの洗浄をし、エアブローなどでしっかり乾燥させます。
防錆塗装が密着しやすくなるよう下地処理をします。また、錆びた箇所はケレン(錆落し)をし、錆処理(転換処理(薬剤で化学反応させて赤サビを黒サビに転換させて被膜をつくります))、エポキシ浸透性シーラー(ラストボンド)の塗付、さらに、腐食の原因をつくる鉄板の合わせ目の隙間を埋めるためにシーリングします。
防錆対象部分以外を汚さないためにマスキングをし、防錆塗装、防錆ワックスを塗布し、外した部品を取り付けて完成させます。作業工程の写真も参照して下さい。
範囲:足回り防錆塗装(※ア、※イ) + 車体のフロア裏側をできる限り隅々まで。
塗料:車体の構造や用途、傷み状況により、数種類の防錆塗料を使い分けます。
防錆持続効果の目安:新車施工の場合なら5年~10年 (※エ)

補足
(※ア)お客様の希望で防錆塗装をしてはいけない箇所がある場合は受付時にご指示ください。
    その場合、部品の脱着やマスキングが伴う時は別途費用追加となることがあります。
(※イ)新車または新車登録日より3ヶ月以内の登録済み未使用車は、
    新車生産時に施工されているため足回り防錆塗装の施工はいたしません。(要相談箇所)
(※ウ)車種や車体の構造、部品の状態によって違います。
(※エ)いずれも車の使用条件また使用過程の車は施工前の車体状態により効果が異なりますので
    目安としてご了承下さい。

コラム中にはこんなケースもありました…

下取りの査定検査や車検入庫などで下回りの防錆塗装を施工された車を時々拝見します。
ところが車の下回りを見てビックリ! 一見、黒く塗られてなんとなく施工されているように見えてますが、一番サビやすい所が全くコートされていない。
お客様本人が施工されたのかを確認すると「業者に依頼した」とのこと。サビの怖さを知らない業者の仕事なのか、手抜きなのか・・・こういう仕事を時々見ることがあります。これはミスや勘違いとは言わないです。
これではオーナーさんが気の毒になります。

▲一見、黒く塗られてなんとなく施工されているように見えても、拡大して見ると一番サビやすい所が全くコートされていない。

下回りに加え、その他にも防錆をお勧めしている箇所をご紹介します。

クロスメンバー、ドア(特に下部)、トランクリッドインナー、トランクフロア、タイヤハウスインナーパネル(前後共インナーフェンダー)サイドシル(ロッカーパネル)接合部の空洞内側、ボンネットインナー(特にフロント側やメンバー接合部)、ライトバッフル接合部(特に下部)、その他各部インナーパネルとそこに隠れたピラーとの接合部等々です。

サビやすい箇所を簡単にイメージしていただく方法としましては、古くて腐食してしまっている車があったら、その車を観察されると参考になると思います。車種による違いはありますが、共通するところは多いはずです。

フロントフェンダー内の防錆塗装の範囲の定義について

インナーフェンダーもアウターフェンダーもスチール製で溶接やリベット又はボルト、ナットで取りつけられている車種(ジムニー、ランドクルーザーなど)についてはインナーフェンダーとアウターフェンダーの接合部までを塗装を致しますが、ほとんどの乗用車のフロントフェンダーはインナーフェンダーを持たない1枚物のフェンダーでできています。

この場合ライナーを取り外した内部骨格及びホイールハウス内については塗装が届く範囲までは塗布致しますが、フェンダー裏側については基本的に塗装致しません。(理由は鉄板どうしの合せ目がなく溶接部分がないため比較的サビが発生しにくくなるためと下回りという範囲ではなくなるためです。)

ご希望いただければオプションとして施工させていただく事も可能です。この場合、フェンダーを取り外すこともありますことをご了承ください。

※下の写真をクリックすると拡大表示されます。

「防錆」の定義

当社では「限りなく錆びの発生や進行を遅らせる」という解釈で「防錆」を定義づけております。 車を永久(絶対)に錆びさせないということではありませんのでご了承いただきますようお願い致します。
特に使用過程の車体の場合、その使用期間が長ければ長いほど既にパネルの合わせ部分等に目には見えない錆が発生しているリスクが高まります。防錆施工後にもその部分の錆が増幅することも想定できます。

お問い合わせフォームはこちら